1型糖尿病(IDDM, インスリン依存型糖尿病)で愛知県・岐阜県の患者・家族会

picture

HOME > 行事 > 個別行事結果 > 平成29年度入園入学進級前相談会

入園・入学・進級前相談会の報告

 2月18日(日)イーブルなごや 第1・2和室にて上記相談会、交流会を開催しました。当日はお弁当の準備もありましたので、お昼を食べながら和気あいあいとスタートすることが出来ました。
 今年は4家族の参加となりました。発症されてまだ間がないご家族、家族全員でサポート体制バッチリなご家族、育児と仕事の両立で悩まれているご家族…環境は違っても子ども達の血糖コントロールに一喜一憂しながら頑張ってみえました。
 医学の進歩により、インスリンの種類が増えたりカーボカウントが導入されたり…患者さんにとってコントロールし易くなってきていると思います。学校側の受け入れも子ども達の病気の種類が増えてきているので変化しているかもしれません。それでもきちんと病気を理解してもらった上でお願いする事は大切です。子ども達が快適な学校生活が送れるように、学校とのコミュニケーションも大切にされると良いと思います。
 このような会は時期に限らずまた開催出来たらなぁ…と感じました。参加者の方からのご感想を紹介させて頂きます。

~参加された方々の感想~

 昨日はありがとうございました。帰路、息子は爆睡でした。同じ病気を持つ方々やそのご家族とお話して、自分だけじゃないんだなと励みになりました。また参加したいです。

 将来の小学校入学に向けて参加させていただきました。我が家は共働きなので、長期休業中の子どもの健康管理と安全確保が心配です。今日の参加者の中には子どもが幼い頃に働いていたお母さんがおみえにならなかったので、どうやって対応するか自分で考えなくてはならないと思うと同時に、やはり仕事と子育て、特に病気の子どもがいることの難しさと、自分の人生においてなにかしら取捨選択をしなければならないのかな、ということも改めて考えさせられました。

 4月から6年生に進級する為、修学旅行の話が聞きたくて参加しました。相談を始めると、大人の方が自身の修学旅行の思い出話で盛り上がりました。息子はリブレを使用しているので、「あまり心配しなくて良いよ」とアドバイスを頂きました。サマーキャンプでの経験も生かして、楽しい旅行になる事を願っています。